--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
08.01

インド旅行@街角 その11

インドで3都市を回りながら、撮った街角ショットです。
車内から撮ったものもあるので、少し見辛いものもあります(>_<)

床屋。 男性はほとんどの方が路上の床屋に行くそうです。
IMG_3420.jpg

果物屋。 移動中は所々、舗装されていない道が続きました。
IMG_3782.jpg

牛乳屋。 少し郊外からリヤカーで街に牛乳を売りに来るそうです。
IMG_4036.jpg

食堂。
IMG_3795.jpg

井戸。 タージ・マハルのすぐ近くです。
IMG_3546.jpg

車内からふと横を見ると、すっ、すごい人が乗ってる。
最初は驚きましたが、あまりによく見る光景だったので違和感もなくなりました。
IMG_3720.jpg

土産物屋が立ち並ぶとても賑やかな通り、ジャイプールの風の宮殿前。
ラクダ製品が有名らしく、靴屋に案内されました。
IMG_4040.jpg

道路では野牛やヤギや猿やラクダや象や・・・・、とたくさんの動物を見ました。
そして車・オートリクシャー・バイク・人が入り混じっていました。
IMG_4128.jpg

インド旅行前は、水・酷暑・移動時間の長さなど、今までの旅行と違って懸念事項がいくつか
ありましたが、勤続20年のベテランガイド・マビルさんのおかげもあって、予想をはるかに
超えた充実した旅行になりました。
                
                                     インド旅行記、終わりましたjumee
スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
2008
07.31

インド旅行@食事 その10

3日目の朝食は、ムガール・シェラトンでのビュッフェ。

お昼は、数種類のカレーが銀色の器に盛られたターリー(大皿)でした。
やっぱりここでもお気に入りは鶏肉のカレーとジャガイモのカレー炒めの右横に
写っているチーズ入りカレーでした。
ブレンドされた数種類のスパイスが舌にヒリヒリきて、この頃にはそれがすかっり
美味しさに変わっていました。
IMG_3734.jpg


夜は、ジャイプールへ移動してきたので、トライデント・ヒルトン・ジャイプール内の
レストランにて。 インド滞在最後の夜にして、インド地ビールをいただきました。
ホントはお酒好きなので、飲みたい気持ちもあったのですが、まわりの方が(他人ですが)
全く飲まれていないんです、やっぱりお国がらでしょうか。
このレストランでは私たちしかいなかったので、いただいたら、凍る寸前くらいにキンキンに
冷えていて、美味しくてホント幸せっでした。
1本300ルピーなので、900円くらいです。
トマトスープをいただいたあと、鶏・コーン・ブロッコリーのカレーが運ばれてきました。
じゃがいものカレー炒めも毎回必ずセットでついてきました。
それと下の写真のオニオンスライスなどの3点セットも必ず。カレーと一緒に食べるそうです。
こちらのカレーはサラッとしたインドカレーと少し違って、こってりしている日本のカレーと
近かったです。 カレーはやっぱり本場のインドだけあって、どこも美味しいです。
ナンと一緒にいただきました。
デザートはアイスクリームでした。
IMG_3827.jpg
IMG_3829.jpg


4日目の朝食はホテルでのビュッフェです。
7時集合と時間が早かったのでパンしか用意されていなかったのですが、充分でした。

お昼はジャイプール市内のレストランにて。 インドでの食事も最後です。 カレーです。
ラッシーもよく飲みました。 プレーン・バナナ・マンゴーなどがありました。
これがヒリヒリするカレーにとても合います。 
どのレストランでも一杯100ルピー(300円)なので、明らかに観光客向けの価格です(笑)。
最後なので、思い切ってトマトの横の青唐辛子をかじったら、「えっ、辛くないじゃん???」、
これってインドマジックだったのでしょうか。
IMG_4142.jpg IMG_4131.jpg
IMG_4140.jpg

夜は機内で。 デリー便だからでしょうか?それとも燃料サーチャージのせいでしょうか?
行きの成田空港は人もまばらでした。 
JALカウンターに行くと「残席が100席以上ございます。」と。
いざ搭乗してみると、機内もガラガラでした。 往復ともに。
皆さん一人一列(3席)使用して寝てました(笑)。
IMG_4158.jpg

                   食事編も終わりです、次はインドの街並みなどをアップします。
Comment:10  Trackback:0
2008
07.30

インド旅行@食事 その9

インドでの初めての食事はホテルでの朝食でした。
1日目は成田からインドへのほぼ移動なので2日目です。
ホテルでの朝食はすべてビュッフェスタイルでした。
カレーはもちろんどのホテルでも用意されていました。
ほかはサラダやパンや炒め物からデザートまで数十種類ありました。
「お昼と夜はカレーです。」とマビルさんに聞いていたので、朝はパンばかり食べていました。
それと昨日、空港からホテルへの送迎の時にインドでの注意事項が書かれた紙を渡され
そこに『香辛料続きの食事と暴飲暴食で急性腸炎を起こす人がいる』とありました。
3食スパイス続きのお料理だと胃にきてしまうのねと思い、今回はほどほどに食べました。

インターコンチでの朝食。 
集合が10時だったので、モーニングコールをお願しなかったら目覚めたら9時(驚)。
一瞬何が起きたのかしら???状態に。 慌てて支度をして朝食を取りに。
レストラン。 もう9時半過ぎていたので、閑散としていました。。。
IMG_3348.jpg

私の。 慌てていてパンが重なっちゃってますね(笑) 
パンの種類も10種類以上はありましたが、とりあえずパッと食べれそうなものを。
お見せするほどの写真ではないですね・・・・。
IMG_3349.jpg

夫の。 私がひと皿目を食べ終えてようやく戻ってきましたよ、満足そうに(笑)
いつも通りマイペースに選んできたのかしら。 朝食を1時間かけて食べるのですが、
今日はそうはいきませんよーー!!!って、私ばかり焦っていました。
IMG_3354.jpg


お昼はデリー市内観光後、市内レストランにて。
お昼はマビルさんも一緒のテーブルで3人で食事をしました。
マビルさんは宗教上お肉とお酒が一切食べれません。
別にお肉抜きのカレーが用意されていました。
少しいただいてみると明らかに私たちのカレーより辛いです。
口に入れた時はそうでもないのですが、あとからヒリヒリヒリヒリするような辛さです。
IMG_3415.jpg

このタンドリーチキン、とっても美味しかったです。
それとお肉が棒状になっているシシカバブ(だっけ?)は、カレー以上に辛くて。
カレーは野菜・鶏肉・緑野菜・など常に数種類のカレーが用意されました。
本場のナンは厚さが薄目で、パリっとしているところともっちりのところがあり美味しいです。
IMG_3417.jpg


夕食は、お昼を食べたあとデリーからひたすらアグラへ移動したので、
ムガール・シェラトン内のレストランでブッフェでした。
サラダコーナー。 こちらからは久しぶりのマカロニサラダをいただきました。
IMG_3479.jpg

ほぼお肉系の煮込み料理や炒め物コーナー。 
夫はお昼のタンドリーチキンが激ウマだったので、こちらでも食べてました。  私はスルー。
IMG_3480.jpg

5種類のカレーコーナー。 
少しづつ食べてみましたが、お気に入りはお昼と同じくチキンカレーでした。
IMG_3481.jpg

デザートコーナー。
インドの牛乳はとても濃厚らしく、よくデザートにでたアイスはどのレストランのも
美味しかったです。 
有名なチャイはインドでは水から紅茶を煮出してあとで牛乳を入れるらしいのですが、
日本で作るなら薄いから牛乳から煮だした方がいいと勧められたほどです。
IMG_3483.jpg

                                                 続きます。
Comment:0  Trackback:0
2008
07.29

インド旅行@ホテル その8

デリーでのホテルは、インターコンチネンタル ザ グランドというホテルでした。
今回の旅行は3都市をまわったので、3つのホテルに1泊づつ泊まったのですが、
このホテルのお部屋が最もお気に入りでした。
それが、それが、チェックイン後、お部屋へ案内されてすぐ、まさかの停電です。
まっくら。何も見えないし、フロントに電話してもたぶんみんな電話しているみたいで
全くつながらないし、廊下に出てみると「あら、あなたのお部屋も?」みたいな感じで、
あちこちから人が出てくるし。  
電気がつくまでおそらく一時間以上は・・・・、電気って素晴らしいと痛感いたしました。
やっと電気がついてさっそく明るいうちにシャワーを浴びようと思い蛇口をひねったら、
茶色の水が出てきてその後、たぶん透明に変わりました。
もし、インドをご旅行される方がいたら水には充分気をつけた方が良さそうです。
お部屋にはミネラルウォーターが4本ぐらい、どのホテルにも置いてあり(無料です)、
歯磨きの時もそれを使わせていただきました。
そんなこんなで、せっかくのお部屋の写真を撮り忘れました。

フロントでチャックインを待っている時に撮った写真です。 インドで初サリーを見て感動しました。
IMG_3310.jpg

フロントのオブジェ。
IMG_3335.jpg


2泊目のアグラでは、ムガール シェラトンに泊まりました。
チェックイン待ちの時にフロントを撮ってみました。
ツアー旅行なので、マビルさんがインからチェックアウトまでやってくれました。
IMG_3477.jpg

フロントに置かれたソファーの上にはとてもインパクトのあるシャンデリアがゴージャスでした。
IMG_3498.jpg

お部屋です。 停電は、・・・・、あの夜以降ありませんでした。 ホッ。
IMG_3490.jpg

翌朝お庭に出てみると、昨夜は咲いていなかった蓮の花がとても綺麗に咲いていました。
IMG_3522.jpg
IMG_3531.jpg

ちょっとフライングして屋上にあがり、これから観光するタージ・マハルも見ちゃいました。
IMG_3536.jpg


3日目のジャイプールは、トライデント ヒルトン ジャイプールに泊まりました。
エントランスです。
IMG_3806.jpg

今日も暑かったし、プールで泳ぎたくなってしまいます。
IMG_3810.jpg

お部屋。
IMG_3811.jpg

翌朝、エントランスを出るとこの景色が目に入ってきました。
池に浮く宮殿?!なのでしょうか。 インドって、やっぱりすごいです。
IMG_3868.jpg
 

                                                   続きます。
Comment:0  Trackback:0
2008
07.26

インド旅行@ジャイプール その7

ジャイプールではアンベール城のほか、3か所の観光名所をまわりました。

まず、風の宮殿です。 ジャイプールのシンボルらしいです。
ここの前の道路は交通量(車や牛や人々)がとにかく多くて、車を止めるがたいへんそうでした。
この辺りは商店が立ち並びとても賑やかです。 
IMG_4044.jpg

車にて移動し、ジャンタル・マンタルへ。
ムガル帝国のマハラジャによって建てられた天文台です。 
マビルさんはとても丁寧に説明してくださいましたが、私は理科苦手、唯一わかったのはこちら。
日時計です。 20秒単位で時間が測れるらしいですが、数秒ほど時差ができるらしいです。
この他にも10個ほど芸術的観測機がありました。
IMG_4061.jpg

ジャンタル・マンタルを見学後は徒歩にてシティ・パレスへ。
入口を入るとすぐ歴代のマハラジャの衣服、楽器や武器などが飾られている
展示館を見学しました。
この中はとっても豪華。 天井には何枚も絵が描かれてあるのですが、とても美しくて。
個人的には今まで見た絵画の中でも最も美しかったです、夫もそう言って、溜息がもれました。
館内は写真撮影が禁止なのでとても残念です。 また見たい!!!
展示品よりも印象に残りました。
IMG_4085.jpg

この壁の細工がとても細かくて美しいです。
白・黄・茶・青の見事なコントラストも溜息ものです、キレイだなぁ。
IMG_4086.jpg

ディーワーネ・カース、貴賓謁見の間です。
奥に見える銀の壺はマハラジャがイギリス旅行に行く際にガンジス川の水を入れて持って行き、
毎日沐浴したそうです。 世界で一番大きな銀製品でギネスブックにも登録されているとか。
IMG_4090.jpg

内側から。 オレンジ色に白のレースのような模様が壁に描かれ、いくつものシャンデリア。
今回いくつかの貴賓謁見の間を訪れましたが、最も美しかったです。
IMG_4094.jpg
IMG_4095.jpg

警備員さんごしに。 この景色にヒケをとらないくらい立派ですよね。
マビルさんを含めて、旅行中に会ったインド人のほとんどがひげを生やしていました。
一人前の大人の男の証だそうです。
IMG_4113.jpg

いよいよ、この黄色い建物が現マハラジャの住居です。7階建てです。
きゃ~、やっぱり立派です。 もちろん中には入れませんが、さぞかし絢爛豪華なのでしょう。
IMG_4102.jpg
IMG_4103.jpg

マハラジャの住居前の広場のようなところには4つのきれいな門がありました。
そのうちの一つ、孔雀の門です。
近くで見ても傷などがないことから、さすがメンテナンスが行き届いているとなぁ思いました、
場所が場所だけに。 とても美しいです。
IMG_4108.jpg


                            これで観光編が終わりました。 まだ続きます。

Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。