--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
07.26

インド旅行@ジャイプール その6

ファテープル・シークリーを観光後はまたひたすらジャープールに向けて移動しました。
ここでの移動時間もたしか3時間以上です。 
ジャイプールで一泊した翌日は、もう四日目、早いです。 観光後、今夜帰ります。
ホテルや食事はまたのちほどアップします。

ロビーに7時にマビルさんと待ち合わせし、アンベール城に向かいました。
アンベール王国の首都のお城です。 とても見ごたえのある巨大なお城でした。
丘の上にあるお城です。 巨大すぎてほんの一部分しかおさまりきりませんでした。
IMG_3899.jpg

アンベール城内へは、象のタクシーにて向かいました。
象の上に乗ると2メートル以上もの高さがあり、しかもイス(のようなもの?!)がとても
左右に揺れるので、ちょっと怖かったです。 高所恐怖症だし。
夫にカメラを託して何枚か撮りましたが、揺れのせいか唯一ピンボケしていない写真です。
IMG_3905.jpg

いよいよ門をくぐったところから。 少年が見降ろせちゃいます、高いです、私のみ怖いです。
この広場で少し休憩。 というか8時からオープンらしく、予想以上に早く着きました。
写真の右上の階段を登ったところがチケット売り場だったので、ここがやっと入口でしょうか。
こんなに高いところまで巨大な建築資材などを運び、建て、・・・、想像できないくらい
スケールが大きいです。
IMG_3920.jpg

一般謁見の間(ディーワーネ・アーム)。
IMG_3941.jpg

一般謁見の間の奥が次へと続く、世界一美しいと言われているガネーシャ門。
IMG_3942.jpg

世界一美しいということなので、もれなくアップも。
この柔らかくてカラフナ色合いがとても華やかで綺麗でした。
IMG_3949.jpg

ガネーシャ門を抜けて、ここは・・・?です。 
このお城はとてもカラフルな色使いが美しくて印象的です。
IMG_3971.jpg
IMG_3973.jpg

続いて、勝利の間(鏡の間)です。 
ここもとても大きいのですが、アップの方がこの美しさが伝わるかなぁ思って。
天井から壁一面に装飾が施されていますが、鏡でできているだけあって、
近くで見ると損傷が激しいところもありました。 残念ですが、仕方ないですね。
IMG_3985.jpg

中の方まで入りませんでしたが、この壁一面がキラキラだそうです。
当時のマハラジャはよっぽどの鏡好きだったのかなぁ・・・・、なんて誰もがそう感じる
くらいとにくかく鏡尽くしです。
IMG_3996.jpg
IMG_3994.jpg

ハーレム。 マハラジャが夜な夜な奥さまを呼び出しデートした場所です。
何人か奥さまがいらしたそうです。 
周りを取り囲むように建てられているのが奥さまたちの宿舎らしいので、
この作りって、すっすごい大胆(驚)ですよね。
IMG_3998.jpg

奥さまたちの住まいのアップ。
中にも入りましたが、窓もなく狭いスペースだったのでこのギャップに驚きました。
一様お部屋はそれぞれ壁で仕切られていて、別室だったそうです。
IMG_3997.jpg

城を出たところ。 この壁の圧迫感がなんだか好きで撮ってみました。
行ったことないけど、いつか行ってみたいけど、モロッコみたいな感じ・
大雑把過ぎる勝手なイメージです。
IMG_4000.jpg

城からの町並み。 当時とさほど変わっていないということなので、びっくりしました。
マビルさんが地震を感じたことがないと言っていましたが、確かに!という感じです。
写真の丘の上に建つのも、城壁です。
この辺りは周囲を城壁に取り囲まれていたそうです。
IMG_4024.jpg
            
                               長くなりましたが、次で観光編の最終です。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://momonokitei.blog21.fc2.com/tb.php/71-d0948e14
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。